モンテッソーリ教育とは

イタリア史上最初の女性医学博士であり、教育者であるマリア・モンテッソーリ(1870~1952)が提唱し、実践した教育方法です。

「私がひとりでできるように手伝って」という、子どもの内面の声に応えながら、自立に導きます。

モンテッソーリ教育は、世界中で実践され、 人類に貢献する多くの著名人を輩出しています。

モンテッソーリ教育とは

子どもサイズの本物の生活道具や5つの領域からなる様々な教具の中から、子どもが自分で選び考え実行する生活を積み重ねます。
5つの領域からなる様々な教具 日常生活の教具 数の教具 コズミックの教具 言語の教具 感覚の教具

その中で子どもは、興味のあることを繰り返し行い、ひたすら没頭しながら深い集中力を見せます。

こうした活動を通じて、「一人でできた」「わかった」という満足感を味わい、自らに自信を持って行動することができるようになります。
一人ひとりの育ちや興味のあり方を大切にしながら、
個性を伸ばし可能性を広げます。
モンテッソーリ教育について、もっと詳しく知りたい方はこちら
Copyright (C) Rosario Educational Institution. All Rights Reserved.