数の教具

生活体験をとおして漠然と親しんでいる数量に対して、体系的に学んでいくことができる。
自分の手を使って感覚の刺激を受けながら、数に親しみ論理的に認識できる。
感覚で体験した印象を秩序立てて抽象する能力を育成し数概念獲得へ導く。
目的
・1~10までの数の各々の量とその名称を学ぶ
目的
・0~9までの数の記号を学ぶ(直接)
・書き方の準備(間接)
目的
・数量とその記号(数字)を結合させる(直接)
・1~10までの数の順番を知る
 加減(乗除)の計算の間接的準備を行う(間接)
目的
・1~9までの各々の数は1という同じ単位のものが集まってできているということを知らされる
・ゼロの紹介とその意味をはっきりと知る
・数列の確立(子どもはここで始めて1~9、あるいは0~9という数字が順序正しく動かせない固定した位置に並んでいるのを見る)
目的
・1~10までの数について数字として、数列として、また、量として十分理解したか確かめる
・偶数と奇数を紹介する
目的
ゼロの概念について、グループあそびを通して深める
・数を正確に記憶する
・あらゆるものは、数に置き換えられることを知る
・助数詞を知る
目的
ゼロの概念について、グループあそびを通して深める
・数を正確に記憶する
・あらゆるものは、数に置き換えられることを知る
・助数詞を知る
目的
・1の位、10の位、100の位、1000の位の意味を知る
・各位の名称と各位間の量の関係を知る
目的
・ビーズを用いて学んだ新しい数量に対応するシンボル(数学)及び、その名称を知る
目的
・どの位においても、その中で最高の数字は9であることを知る
・ある位とある位を合わせた複合数の名称とその意味を知る
・複合数におけるゼロの意味を知る
目的
・加減乗除の本質をビーズとカードを用いて紹介する
目的
・十進法による加減乗除を個人で繰り返す機会を与える
目的
・1~9の色ビーズの紹介
目的
・11~19の数の構成とその名称を知る
・11~19の数量とシンボルを一致させる
・11~19の数の順序を知る
目的
・11~99の数の構成とその名称を知る
・11~99の数量とシンボルを一致させる
・11~99の数の順序を知る
目的
・数を順番に書きあらわす
目的
・1~9の色ビーズを用いて、10を構成するあらゆる可能性を知り、練習を通してそれらを記憶することを助ける
 
Copyright (C) Rosario Educational Institution. All Rights Reserved.